女性に多い肩こりは筋肉量の低下と密接に関わる

女性に多い肩こりですがこれは筋肉量の低下と密接に関わります。女性は男性に比べ先天的に筋肉量が少ないのですがさらにヒールなど下半身を歪める靴を履く機会が多いために下半身が歪みやすくなります。結果上半身も偏った使い方に陥り筋肉の付き方も偏ります。それゆえ上半身の筋肉も体幹部分が落ち肩に力が入り猫背や肩こりが深刻化します。肩こりは筋力量の低下が大きな要素になるのですが筋力が少ない女性がおかしな体の使い方をすることでより肩こりのメカニズムが複雑化するのです。

先ずは筋肉量が少ないことを自覚しその上で正しい筋肉を付ける

肩コリの方は先ずは肩自体に問題があって肩こりになっているのではなく筋肉量と姿勢にこそ問題があることを自覚することから改善はスタートします。適度な運動と姿勢を正すことが重要です。そして姿勢を正すということを下半身から行わなければいけないことも重要です。ヒールなどを履いて下半身の筋肉の状態に偏りがある場合はどんなに上半身を鍛えても誤った場所に筋肉がついてしまい肩こりの改善に繋がらなくなってしまうのです。

 

下半身(土台)から体を整え上半身(上物)に正しい筋肉が自然と付くように促す

当院では肩こりの方には下半身からアプローチをしていきます。下半身の硬直、癒着、筋肉の癖を解消していき土台を正していきます。土台が正しくなっていくことで自然と上半身に力が入りやすくなるように促し立っているだけで体幹に筋力がつくようにします。筋力トレーニングではなく無意識に上半身に力が漲るような状態にすることで肩こりを根本的に解決していきます。