先ずは心が緊張を作りだし、その緊張で脳がさらに緊張状態を作る

 

ストレス社会と言われるこの現代社会ではあらゆる要因で心が緊張を創り出します。この心の緊張が筋肉の緊張を作りだします。心が何らかの危険を感じればそれは身体にダイレクトに影響しそれによって身体は固くなります。身体は固くなることでこの危険な状況から身体を守ろうとするわけです。そしてさらにこの緊張状態を脳が認識することで益々身体を緊張させます。緊張の連鎖が始まります。

緊張と弛緩を意図的に作りだし緊張をリセットする

 

当院ではこの緊張のネットワークを脱却するために、意図的に筋肉の緊張と弛緩を繰り返します。あらゆるヨガ的なポーズを作ることで緊張状態と弛緩状態を創り出します。人の身体は緊張状態にさらに緊張を加えることで弛緩に振られます。緊張が弛緩を創り出すのです。ヨガ的なポーズを繰り返すことで身体は緊張から弛緩へとシフトしていきます。

筋膜へのアプローチが筋肉をほぐす

 

筋膜とは筋肉を包み込む膜です。この膜は主にプロテオアミノグリカンという成分からできておりこの成分は鼻水のように粘粘した性質を持っています。この粘粘がより粘粘した状態は筋肉が硬くなり、サラサラした状態でになることで筋肉は柔らかくなります。

筋膜を粘粘の状態からサラサラの状態にするためには能動的に筋肉を収縮させて筋膜に熱を作る、動きをつけることが重要です。動きをつけること熱を作ることでこの筋膜はサラサラになっていきます。

固くなった筋膜を動かして熱を作ってリセットする

 

当院では固くなった筋膜に対しヨガ的な動き、ストレッチ、そして直接的な指圧を加えることで動きと熱を創り出しリセットします。動きの中に指圧を加えることで驚くほど筋膜はリセットされます。サラサラになった筋膜が身体の歪みを無くし、さらにその状態を脳が認識することでさらに緊張が取り除かれていきます。

美脚作りにおいて筋膜の過度な緊張は邪魔になります。身体は強張りこの強張りが脳の強張りを創り出しさらに身体は強張ります。強張った身体はしなやかさを失いいびつな形に歪んでいきます。