心身を守るために付いた脂肪(防護服)をいじめればさらに増える

 

脂肪とは心身を守るために付着する防護服です。ですからこの防護服を取り除くために心身をいじめれば身体はさらに脂肪(防護服)を付けます。

ですから美脚になるために何かを強制もしくは禁止をする(心身をいじめる)ことはさらに脂肪(防護服)を付けることになるのです。

 

「ダイエットをしなければ!」は、身体にとっては「栄養不足がまたくる!」

 

ダイエットをしようと決めた途端に、過食に走るということはよくある話です。これはダイエットをしようと決めた瞬間、身体は「また栄養不足がくる!」と気付くわけです。そのため身体は過食に走るわけです。

 

筋肉ばかりが減り、脂肪ばかりが増えるという負のスパイラル

 

無理なダイエット、食事制限ダイエットを続けますと身体は最もエネルギーを消費する筋肉を溶かします。脂肪ではなく筋肉を無くすのです。これは当たり前のこと。収入(摂取栄養素)が減っているのに貯金(備蓄エネルギーである脂肪)を
減らせば死んでしまいます。ですから筋肉を優先して削るわけです。

その結果リバウンド時には脂肪がまた増え、結果として筋肉が減少、脂肪が増加というリバウンドが完成します。

 

健康的に筋肉を増やし、体温を上げて貯蓄(脂肪)を減らす

 

身体は栄養状態の循環が良い健康(好景気)になれば貯金(脂肪)を減らしてくれます。栄養状態が悪い不健康(不景気)になれば貯金(脂肪)を増やすのです。

しっかりと栄養をとりエクササイズでエネルギーを循環させ好景気(健康)にもっていけば身体は貯蓄(非常エネルギーである脂肪)を減らしてくれます。