体幹、脚内側に軸が出来ると骨格筋率が下がる!?

 

美脚、脚やせを目指し体幹、そして脚の中心に軸を作っていきますと、一時的に骨格筋率が下がることがあります。

それは中心に正しい筋肉を作りますと、外を覆う無駄な筋肉が剝がれていくからです。身体はスーパーエコ構造です。
無駄な筋肉を好き好んで蓄えておくことはありません。
そのため中心に軸がある身体は外の無駄な筋肉を削ぎ落としていきます。

結果的に筋肉量は減少し身体はスマートになっていきます。

 

外の無駄な筋肉が削ぎ落とされ、さらに中心の軸(体幹、脚の内側)が形成されると本当の美脚体質に

 

身体中心に軸が出来ますと外側の無駄な筋肉は削ぎ落とされていきます。ですので一時的に筋肉量は落ちます。

そこからさらに体軸を作り上げますと中心に強い筋肉が形成され全体の筋肉量は増えていきます。結果的に骨格筋率(全体にしめる骨格筋量)は増えます。

骨格筋率30パーセントの痩せるスパイラルに

 

身体の中心に軸が形成され、外の筋肉(外側重心)が削ぎ落とされ、さらに中心が強くなっていきますと骨格筋率が30パーセントを越えます。
この状態はかなり代謝が上がっている状態です。

身体の皮下脂肪、内臓脂肪が燃えやすい状態です。
また体幹がしっかり形成されることで腹圧があがり食事量も減ります。

痩せるメカニズム、プラスのスパイラルが形成されます。

 

美脚とは軸作り。身体の中心に一本の軸を作り上げる。

 

体軸、これは駒でいうところの金属部分、芯です。駒は芯を中心にして回ります。
この芯が歪んでいますと上手く周りません。
芯が真っすぐ通っている駒はスムーズに回りますし、回す時に力もいりません。

ところが軸が通っていない、芯が歪んでいる駒を回すとなるとすぐに倒れてしまいます。そこを支えるのが無駄な筋肉です。

美脚を目指す上で、必要のない筋肉となります。主に太腿の前側と外側の筋肉、さらにふくらはぎ外側の筋肉です。

これは軸が通っていないから形成された筋肉です。

身体を駒ととらえ中心にしっかりとした軸(体幹、脚内側の筋肉)を作り、無駄な筋肉(太腿前、太腿外など)を削ぎ落とすことで美脚は出来上がります。

 

<関連ページ>

※骨格筋率30パーセントの魔法

※体幹部分の骨格筋率の重要性

※筋率が無くなることで肩こりになる