美脚、脚やせに特化した下北沢の整体院です。整体施術とストレッチを組み合わせたトータル美脚メソッドで骨盤矯正、O脚・X脚改善、下半身太り、むくみ解消を行います。
美脚整体100理論

ヨガと美脚の関係性

1.山下裕幸 美脚ヨガクラスのお知らせ

 

現在毎週水曜日12時、美脚に特化したヨガのクラスを行っています。
ご興味のある方はお問い合わせください。

☆場所:クリパルヨガスタジオ(下北沢)・・・小田急線下北沢駅徒歩3分

日時:毎週水曜日 12時~(あと2名空きがあります)

 

※体験参加料  3000円

料金月10000円で自由参加

ヨガインストラクター・美脚整体師:山下裕幸
連絡先 03-3466-6465

整体師が行う美脚に特化したヨガクラス

美脚に特化し、骨盤矯正、脚内側(美脚筋である内転筋、骨盤を支える骨盤底筋群)の強化、体幹トレーニング、脚外側の無駄な筋肉の除去をヨガを通じて行っていきます。

筋肉、骨、皮下脂肪の無駄な癒着をヨガの動きの中で剥がすことで筋肉を自由にします。

美脚に必要な筋肉を脳・脊髄に覚えさせる

 

能動的に身体を動かすことで美脚に必要な筋肉を作っていきます。
筋肉に対する意識(脳、脊髄と筋肉の伝達)は早く出来上がります。
ヨガのクラスが終わった後、自然と美脚筋が使える歩き方に導きます。

山下裕幸の美脚ヨガHP

 

2.ポーズをとることで浮き出る身体の異常個所

伸ばせば分かる身体の異常

当院では身体を伸ばしたり、屈折させたりすることで身体の異常個所を明らかにしていきます。身体は伸ばすことで伸びていない部分が分かりますし、緩めることで緩まない個所が分かります。この二つの方法で身体の異常を見つけていきます。筋膜は動かしていない個所は固まっています。筋肉と骨、筋肉と脂肪、脂肪と皮膚が癒着している箇所は固まっています。

ヨガは主体的、整体は受動的にこの異常個所を取り除く

ヨガではこの異常個所を主体的に取り除いていきます。あらゆるポーズを決めることで異常個所を浮き彫りにしていき動きの中で取り除きます。整体ではポーズを取りながら浮き出る異常個所を私が手技で取り除きます。

最終的に背骨周辺の異常個所を取り除く

 

身体中の異常個所を取り除きながらあらゆるポーズを決めていきます。そして最終的には背骨周辺の異常個所、背骨沿いの異常個所を取り除くことで背骨そのものの動きも変えていきます。背骨の中でエネルギーを詰まらせる個所を見つけ取り除きます。身体はエネルギー循環が高まり高いレベルで健康を築きます。

全ての異常個所を取り除きながら美脚を目指す

 

当院では背骨周辺を含む全ての異常個所を取り除くことで美脚へと導きます。身体が有機的に結びつき全ての骨をバランバランにし、一つの動きを全体的に行える身体を目指します。歩くこと走ること全ての動きに体幹を参加させ末端(脚、腕)の負担を減らします。そうすることで脚と腕を細くします。

3.なぜ自力ヨガには限界があるのか?

そもそも使えてない場所には感覚がない

使えていない筋肉、部分、箇所を無くしていくことが整体の役割です。身体は普段使わない部分と使っている部分に分かれ使う場所はより酷使し、使っていない部分は全く使いません。使っていない部分はより使わなくなりその部分は筋肉は硬直、骨と筋肉、筋肉と脂肪、そして脂肪と皮膚は癒着し死んだ状態になります。施術ではこの死んだ箇所を生き返らせます。

自分で行うヨガ、ストレッチにはどうしても限界があるのはこの死んだ箇所には身体感覚が無くなってしまっているからです。使えていないという感覚すら無くなっているのです。

硬直、癒着を取り除くことで身体感覚を取り戻す

 

硬直、癒着を取り除きますと歪みがとれ身体は整います。これが第一の利点です。そしてもう一つの利点は硬直、癒着が取り除かれた部分に感覚が戻るということです。感覚が無かった身体に感覚が戻りますと身体が歪むことに対し、硬直し始めることに対し、癒着し始めることに対し違和感や不快感が生まれるのです。この感覚が芽生えることで身体が崩れることを防ぐことができます。

整体やヨガのレッスンは身体に<気付き>を与える作業

整体やヨガのレッスンは身体にこの気付きを与える作業です。癒着、硬直、歪みを改善することで身体の感覚を蘇らせます。身体感覚を作ります。死んだ場所を生き返らせるのです。

そのためこの作業を受ける際は辛い感覚もあるのです。ですが硬直、癒着、歪みが取り除かれますとその時点で気・血・水の流れを感じることが出来ます。

全身体中から死んだ場所を無くすことで美脚に

 

整体、ヨガの目的は身体中から癒着、硬直、歪みを取り除くことで死んだ場所を無くすことです。気血水が滞りなく流れる身体を作ることです。最終的には背骨が整い、背骨が生き生きと動き、エネルギーが満ちた状態を作ります。気功では小周転、大周転、ヨガではクンダリーニなどと呼びます。つまり全エネルギーが流れた状態です。この状態では無駄な筋肉は存在せず脚も美しく痩せていきます。

 

4.ポーズが決まることで背骨が安定しエネルギーが満ちてくる

下半身から中心に向かっていくポーズの完成度

先ずは下半身から。下半身は身体の土台です。背骨が体にとって最も重要な屋台骨ならば下半身はそれを支える基礎です。この基礎が崩れていればいくら屋台骨である背骨を調整してもすぐに身体は崩れます。背骨を調整することで身体が圧倒的に流れるのは確かですが下半身の安定はその状態を維持するために大変重要な役割を果たします。

下半身が安定していれば身体は容易には崩れない

 

体調が安定しない、気分にむらがある、これら不安定さと下半身の不安定さは比例します。体調が良くも悪くも外的要因に左右されやすい人は下半身が軟弱かつ歪んでいる可能性があるのです。上半身には背骨があるためトレーニングにしてもストレッチにしても即効性はあるのですが安定感が弱いのが弱点です。肋骨から下を全て下半身と捉え時間をかけて調整することが重要になります。

体幹は下半身の一部、体幹までを歩行に使える体

 

多くの方は体幹を上半身と捉えますが私は体幹を下半身の一部と捉えます。肋骨から下は全て下半身であると。そうなりますと上半身とは肋骨から上になりますから身体のほとんどは下半身という形になります。そうしますと歩くとい行為は全身運動に変わります。ほぼ全身を使って歩くようになるため歩くたびに代謝が上がり痩せます。

先ずは脚の中心で立てる身体に、そして体幹を使いこなす

 

当院では開脚のポーズをスムーズに出来る身体を作っていくことで外側重心から内側重心に身体を切り替えます。外側の無駄な筋肉を削ぎ落とし内側で力強く立てる身体を構築します。
さらに体幹にあらゆる刺激、負荷を加えていくことで体幹を自由に使える身体に導きます。脚の中心、内側、背骨を中心とした体幹、コアマッスル、インナーユニットを使いこなすことで歩くだけで痩せる身体を作ります。

5.ヨギ―、ヨギ―ニの食生活がシンプルになる理由

ヨガをする方は知っている、食生活とヨガの関係性

ヨガを日常生活に取り込み心身を日々メンテナンスする方は知っています。ヨガを通じて日々の食事が徐々に変わってくることを。食べたいもの、美味しい物が変わってきます。心身が整ってくることで心身が欲する物も変わってくるのです。

気・血・水が整うと食事の量が減ってくる

 

ヨガを日々行うヨガインストラクターが食事の量が少ないのは有名な話です。ヨガを通じて気・血・水が整うことで消化・吸収・消費・排泄という体内活動のレベルが上がり少量の食事でも大量のエネルギーを循環させることが出来るようになるのです。

身体は少量の食事でもフルに活動できるので食事の量は徐々に減り始めますし、身体が設定する体脂肪率も落ち始めます。身体は大量の体脂肪を保持しなくても安心出来るようになるのです。

 

ジャンクフードを求めなくなる

 

心身が健康であればジャンクフードを求めなくなります。ジャンクフードを求めるのは足りない栄養素を安易に摂りたくなったか、精神的ストレスからからくる食欲をシンプルに満たしたいという欲求などからです。
心身が健康であればそもそも栄養素が満たされある特定の栄養素が枯渇する頻度が減ります。さらにストレスによって食欲をコントロールされにくくなります。

加工食品を美味しいという感覚はニセモノだった

 

ヨガなど身体を整えるエクササイズを日々行う方は、加工食品からも遠ざかっていきます。加工食品を美味しいと感じるのは身体が整っていないからで、整った身体は加工食品を嫌がるものです。整った身体は内臓の声に敏感です。脳がどんなに加工食品を求めても胃腸が加工食品を嫌がる声を敏感に察知し加工食品を遠ざけます。

 

6.ストレッチやヨガは脂肪貯め込みモードをリセットする分岐点になる

正しいエクササイズは貯め込みモードをリセットする

 

体脂肪を貯め込んでサバイバルしようとする身体を、体脂肪を手放しスマートになることでサババルしようとする身体に変化する最も重要な要素は、エクササイズになります。

正しいエクササイズは身体を根本からパラダイムシフト出来るのです。周囲を猛獣に囲まれていれば脂肪は邪魔になります。身動きが早い方がサバイバル出来る可能性は高まるからです。

 

栄養分をしっかりと摂ることが出来ればエクササイズが決め手になる

 

栄養面を充実出来ていれば猛獣から逃げれる身体はよりサバイバルに適しています。スリムであることがサバイバル能力を高めるのであれば身体は積極的に脂肪を手放していきます。

スリムであることが重要であることを体に思い出させる方法こそが、ストレッチやヨガになります。あらゆる動き、ポーズを行いますと脂肪が邪魔になります。動く時に脂肪が邪魔であることを体に教え込んでいくわけです。何度もポーズを繰り返すことで身体は脂肪を手放すことを決めます。

 

脂肪手放しモードになってしまえばダイエットは卒業

 

身体が脂肪を手放したいのであれば脂肪を減らすことは容易なことです。身体が脂肪を手放したいのですからエクササイズをすれば直ぐに痩せますし、食べ過ぎても放っておけば元の体重に戻るわけです。

安易な食事制限ダイエットよりも、脂肪手放しモードの体は脂肪を手放すスピードが圧倒的に異なります。

 

寝るだけで痩せてしまう身体を作る

 

ストレッチやヨガだけで身体の脂肪を手放すことは長いスパンが必要になります。なぜならば多くの方は心身共に栄養失調状態なのでストレッチやヨガを行ってもなかなか脂肪手放しモードに切り替わらないのです。

ストレッチやヨガで先ずは圧倒的に健康になり、心身の栄養失調を同時進行で改善することでスリムになることでサバイバルしようとする脂肪手放しモードに切り替わります。

7.余剰エネルギーを発散して痩せる

身体を動かしたいという欲求をくみ取る

 

人間の身体は休みたいという欲求と身体を動かしたいという欲求、二つを持っています。現代は身体を動かす機会が少なく、スポーツジムやヨガ教室など何か機会がなければなかなかこの<動かしたい>という欲求が抑圧されてしまっているのです。

この<身体を動かしたい>という欲求を抑圧しますと、、、これがまた欲求不満のストレスとなりこのストレスが結果的に食欲に変換されてしまいます。

身体を動かしたければ動かす、動かしたくなければ動かさない

身体を動かしたい時はエクササイズのチャンスです。動かしたいその時に動かす癖を付けることで身体の余剰エネルギーを発散させることが出来るのです。

身体を動かしたい時はその場でその部屋で出来るエクササイズが重要です。3分でも充分なので身体のエクササイズを実践することでエネルギーを発散でき食欲へと繋がる衝動をその場で抑えることが出来るのです。

動かしたくない時は動かさない

 

絶対にエクササイズをノルマ化して身体に強制させてはいけません。強制はストレスとなりこのストレスは食欲に変換されます。無駄な食欲を創り出してはいけないのです。

当院では身体を動かしたい時のエクササイズを何種類かアドヴァイスします。いつでも出来るエクササイズを用意することで身体を動かしたいという欲求を満たしていきます。

動かしたくない時は無駄な栄養素を身体は消費したくない時

エクササイズをしたくない時、身体は休息を求めています。身体に老廃物が多くありそれを休息することで排泄しようとしているか、もしくは栄養不足の状態でエネルギーが枯渇しているのです。

身体がエクササイズしたくない、動かしたくない状態の時は何かしらの理由がありこれを無視して動かすと、身体は強制的に代謝を落とし痩せにくい身体にシフトします。脂肪を手放す体ではなく、脂肪を貯め込む体にシフトします。

無理なエクササイズを続けてしまった方はこの脂肪貯め込みモードに身体を設定してしまったかもしれません。

8.ヨガポーズの精度にこだわることで美脚にする

下半身の変化は上半身に波及し、上半身の変化は下半身に波及する

 

人間の身体は全て繋がっていますから上半身と下半身のそれぞれの変化は相互に波及します。
そのため当院では、ヨガのポーズを整体の技術で完成させていくことで全身のバランスを切りかけ全身の波及効果で美脚に導いていきます。

 

1つのポーズが極まると、1レベル全身のバランスがアップする

 

ヨガのポーズが1ポーズ決まりますと、全身のバランスレベルが1レベル上がります。
それは一つのポーズにあらゆる筋肉が影響しているからです。

最終目標は、外側重心から内側重心へ、末端中心から体幹中心の身体作りを目指します。
そのために一つ一つのポーズを丁寧に突き詰めていきます。

 

整体手技でポーズの弱点を粉砕する

 

ポーズを施術台でとりますと、あらゆる身体の癒着ポイントが明確に分かります。一見分からなかった身体の強張り、癒着、筋肉の弱さがポーズを取ることでピンポイントで表に出てきます。

このポイントを整体施術で矯正していきます。

 

ヨガのポーズでインナーマッスルを鍛えながら、、身体の歪みを矯正する

 

ポーズをとりながら施術を行うもう一つのメリットは、ストレッチ効果でインナーマッスルが鍛えられる点です。
インナーマッスルが弱ってしまっていては、骨格をどんなに矯正しても正しく立つことができません。そのため継続的な施術が必要になってしまいます。

当院の施術はポーズをとりながら行いますが、この場合、毎回インナーマッスルが鍛えられ、骨格支持筋が強くなっていきます。

さらにインナーマッスルが鍛えられることで無駄なアウターマッスルが削ぎ落とされ身体がスリムになっていきます。

9.医療ヨガと整体

「医療ヨガ」は気・血・水・脊髄を整える

 

当院の施術は医療ヨガの考え方と大変近いものがあります。本来ヨガとは瞑想に入る準備段階として行われてきました。身体中のプラーナ、気、血、水、経絡(気の流れ)ナーディ(プラーナの流れ)脊髄をあらゆるポーズで整えかつ筋力を付けてその姿勢を保持することが目的です。あらゆるエネルギーの流れが良くなる延長として瞑想があったわけです。

猫背と左右の歪みが脊髄を歪め身体の自律神経を不安定にする

 

身体は放っておくと猫背や左右の歪み、捻れの歪みなどあらゆる形で壊れていきます。歪みが背骨に到達しますと背骨の中を通る自律神経の流れが滞り始めます。そこで医療ヨガ、整体です。身体中の筋肉をリセットし、結合組織を柔軟にすることで結合組織間を通るリンパ、血液、気の流れを良くしていきます。そして背骨を中心とした神経群までを整えていきますと身体は軽くなり健康体になります。

エビデンス(証拠)はその方の健康状態

 

西洋医学ではヨガの効果や、整体の科学的根拠に懐疑的です。科学的データ無しに効果を証明することは難しいことです。ですからこの効果を証明するには本人の実感以外にありません。その方が医療ヨガを通じて、整体を通じて実感して頂く以外に証明する方法がないのです。

医療ヨガと整体の融合

 

瞑想に入る前の準備体操であったヨガは現在健康やダイエットエクササイズとして大変流行っています。全身のエネルギー・プラーナを流すためにナーディを通していきます。整体は主に関節や骨の滑り改善を通じて身体を整えるテクニックです。当院では筋肉、エネルギーへのアプローチを主にするヨガのテクニックと関節や骨へのアプローチをメインとする整体手技を組み合わせ複合的な施術を行っています。

健康の先にある美を目標とし医療ヨガと東洋医学を組み合わせそれぞれの長所をホリスティックに組み込んでいます。

美脚整体100理論カテゴリー別

美脚整体理論人気ページ トップ30(閲覧数)

LINE からのご予約・お問い合わせ


どのようなご質問でもお気軽にお問い合わせください。

調べたいワードを入れてください

こちらからご予約できます

PAGETOP
Copyright © 山下裕幸美脚整体院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.