AGEが溜まると老け顔に

 

血糖値が過剰に摂取されますとこの過剰血糖値がタンパク質と結合し「糖化」がおこります。この糖化物質が<AGE>と呼ばれる物質です。このAGEが皮膚にたまると「たるみ」や「しわ」の原因になります。身体が糖化しこげた状態です。
タンパク質+糖質+熱=糖化です。
例えばとんかつの表面はタンパク質である小麦が卵と混ざり熱で糖化された状態です。あのきつね色はAGEです。これらの食べ物を食べ過ぎてもAGE(終末糖化産物)は体内に溜まります。

和食はAGEを溜めない最高の調理法

和食は低AGE食品の最高傑作です。和食は炒めたり揚げたりの調理方法の他に蒸したり、煮込んだり、茹でたりと熱をあまり加えない調理方法が並びます。実はこれ低AGE食品なのです。

揚げたり、炒めたりしますとタンパク質が熱で糖化します。AGEが出来ます。和食は熱をあまり使わず出来る限り素材を活かす調理法なのです。

トーストはAGEの塊

 

こんがりと焼けたトーストはAGEの塊です。またこんがり焼けたソーセージもAGE、茶色く焼けた卵もAGE、洋食の朝食はAGEの塊なのです。
ですのでトーストは焼かずに食べれるタイプを、卵はスクランブルエッグに、ソーセージはボイルした物を、このように工夫してAGEを減らすことが出来るのです。

揚げる、焼く、炒める、煮る、蒸す、生の順にAGEは抑えられる

AGEを溜めないためにはAGEを減らさなければなりません。AGEは調理方法でいくらでも減らすことが出来ます。調理温度が高いほどAGEは増えます。ですので揚げた食材は最もAGEが高く、生はAGEが最も少ないのです。出来る限り低温調理にすることでAGEを低くし、体内への蓄積を減らすことができます。

 

 

※当院の下半身太り・脚太り解消整体メニュー