呼吸するには、横隔膜と肋骨の動きが重要

 

呼吸は肺で行われますが、肺を動かしているのは横隔膜というインナーマッスルです。体幹を形成する筋肉です。そして肺を取り囲んでいるのが肋骨と肋間筋になります。
この肋骨と肋間筋。癒着してガチガチになっている方が非常に多いです。
多くはデスクワークで座りっぱなしのため圧力がかかり固まってしまったケース。この癒着が進みますと、肋骨が動かなくなります。すると肺の動きを制限し呼吸量が下がっていきます。

 

肋骨と肋間筋の癒着を取り除き動きを取り戻す

 

この癒着を整体手技で取り除いていきますと動きを取り戻します。肋間筋がスムーズに動き横隔膜もしっかいと動けば肺の動きは活発になります。

 

呼吸量が変わると痩せる

 

呼吸とは酸素を取り入れる行為です。酸素を大量に取り込める身体は燃えやすくなります。物を燃やすには酸素が必要です。肺が最大限動くということはその酸素を最大限取り入れることが出来るようになります。
身体は痩せやすくなります。

 

美脚への影響

 

猫背の状態では美脚になれません。試しにうつむいて歩いてみると明白ですがとても歩きにくいのです。猫背は歩行を困難にします。脚に負担がかかるのです。結果的に脚は太く逞しくなります。
肋骨と肋間筋の癒着を取り除くこと姿勢が良くなります。猫背が解消されます。
胸を張って歩けることで歩行は大変スムーズになります。結果的に脚の筋肉の負担は減少し、美脚になっていきます。