肩が開くとお腹に力が入る

整体施術を通じて肩が開いてきますとお腹に力が入り、お尻が上に上がります。これは外側重心から内側重心にシフトしてきている証拠です。外側重心時には肩が巻いて猫背になりお尻も外側に力が入るため中心が下がるのです。さらに肩が巻けばお腹に力が入らなくなりお腹の筋肉が落ち内臓脂肪が付きやすくなります。

猫背が改善されてくるとお腹に力が入り引き締まる

 

外側重心を内側重心に切り替えていきますと猫背が改善されてきます。脚太腿前についてしまった大きな筋肉(大腿四頭筋群)を取り除き、大腿筋膜張筋の張りなど太腿外側の筋肉群の異常収縮を取り除いていきますと外側重心から内側重心に切り替わるわけですがそれと同時に肩の外側についた筋肉もリセットされてきます。そうなると猫背が改善されてくるわけですがそれと同時にお腹(体幹)に力が入るようになるわけです。

猫背の状態で腹筋のトレーニングをすると益々猫背に

 

一般に行われる腹筋のトレーニング、お腹を屈曲させるトレーニングは腹直筋(身体を屈曲させる)を鍛えてしまうため猫背の改善には意味がありません。猫背の改善には外側の無駄な筋肉をリセットさせ外側から内側に切り替えることが重要になります。その上で体幹を鍛える(腹直筋ではない)ことで中心軸が出来あがり猫背が益々改善されます。

中心軸で立てるようになると疲れなくなる

 

当院ではクライアントさんに「最近疲れにくくなってますか?」と頻繁に質問します。外側重心から内側重心、中心軸でたてるようになりますと身体は疲れにくくなります。なぜならば外側重心は身体の外側に軸を2本形成して立っているので2本分の労力が必要なのに対し内側重心、中心軸で立てば軸が一本で立てるので労力が半分になるのです。さらに背骨が安定することで自律神経も安定し(背骨には神経の血液、髄液が流れている
)疲れにくくなるのです。ヨガでいうスシュムナ―ナーディ(背骨を貫く気道)(督脈、任脈)が開発されエネルギー循環のレベルが上がります。