肩幅が広いは要注意

 

スポーツをやっていたから肩幅が広くて、、そんな会話をよく聞きますが肩幅が広いことは構造医学、立位バランスの観点から考えますと良いことではありません。肩幅が広い方は、身体の外側に筋肉が付き、身体の内側、中心がスカスカの状態です。外側の筋肉で立っていたり使っているのです。ですから年々肩幅だけが大きくなっていきます。

肩幅が広い土台として下半身が外側中心になっている

 

肩幅が広い方はその前提として、土台として脚が太いということがあります。これは脚も外側中心で立っている、内側を使えていないという前提があるのです。身体の基礎である下半身が外側中心になっておりその延長線上で上半身も外側中心になります。ですから上半身の外側、肩幅を狭くするためには下半身のバランスを変える必要があるのです。

現代スポーツでは<肩幅が広い>はメンテナンス出来ていない証拠

 

肩幅が広いことはかつてスポーツマンの象徴的な部位でしたがプロの世界ではメンテナンス出来ていない証拠です。O脚、X脚、脚が太い、肩幅が広い、体幹が足りない、、は全てメンテナンス不足です。その証拠にストレッチやマッサージ、体幹トレーニングを重ねていきますと肩幅は狭くなり体幹は盛り上がり中心に厚みがある身体にシフトします。

恰好良い上半身は肩幅ではなく体幹が強い体

 

肩幅だけが大きい身体は、整った体ではなく歪んだ身体です。整った体は肩幅ではなく体幹が強い身体です。体幹が強い身体は筒型の身体です。肩幅だけが大きい外側中心の身体は筒型ではなく平べったい身体です。横向きになった時に厚みのない身体は外側中心で肩幅が広がっています。

当院では先ずは下半身のバランスを切り替え(内側3対外側7を内側7対外側3)に。次いで上半身のバランスも内側中心の身体に導き肩幅を狭くしていきます。

 

※山下裕幸美脚整体院の下半身太り改善