脂肪を燃やすには20分以上の継続した運動が必要という嘘

 

脂肪は身体のエネルギーが不足すれば燃えます。脂肪はエネルギーの貯蔵庫ですから空腹時など摂取エネルギーが不足しますと燃えて消費されます。
ですから脂肪減少には継続した運動が絶対に必要と言う説は嘘とも言えます。

運動しようとしなくてもエネルギーが枯渇すれば脂肪は痩せます。

 

筋肉は逆にエネルギーが余っていないと増えない。

 

筋肉と脂肪は全く別のメカニズムで出来ています。筋肉は空腹時には増えません。空腹時に筋肉が増えてしまったら益々空腹になります。維持するにはエネルギーが必要ですから。

と言うことは筋肉を増やすにはしっかりと食べる必要があるのです。

 

筋肉を増やし、脂肪を減らすにはどうしたら良いのか

 

ではこの矛盾する現実を同時に実現するにはどうしたら良いのでしょうか。
それは簡単なことです。先ず食事を我慢する食事制限は絶対にやってはいけない。なぜならば食事制限をしますと筋肉が成長しません。

食事制限をしないで徹底的にインナーマッスルを増やしていくのです。
するとこの筋肉を維持するために脂肪のエネルギーが使われて脂肪が減少します。

と言うことはダイエット当初は体重が増える方が良いということになります。筋肉量が増えれば体重は増えていきます。そして増えた後に脂肪が使われて徐々に体重が減少していきます。

ただし減少する脂肪量に比べて増える筋肉量が多ければ逆に体重は増加していきます。

身体を細くする点において体重の変化はあまり参考になりません。

 

脚の細さは理想数値に達成しても体重が減らないケースもある

 

脚を細くするためには、脚の内側と裏側を徹底的に鍛え筋肉量を増やす必要があります。ですから一時的には体重は増えます。

当整体院のお客様データでは、脚のサイズは理想数値に達成しても体重は一切減らないというケースもあります。

太腿が6センチ減っても体重が減らないのです。