太い脚とは感覚が鈍い脚

 

太い脚とは感覚が鈍い脚です。感覚が鋭くなれば無駄な脂肪や無駄な筋肉は削ぎ落とされます。では感覚が鈍いとはどのようなこのなんでしょうか。感覚が鈍いとはそこの部位の筋肉が使えていないということです。ストレッチやヨガのポーズを重ねていくことで今まで全く使えていなかった脚の筋肉が使えるようになります。そのとき感覚は鋭くなっていきます。

細い脚、締まった脚は感覚が鋭い脚

 

使える筋肉を増やしていく、より深層部の筋肉を使える脚に身体を切り替えますと脚は締まっていきます。インナーマッスルという深層部の筋肉を使えるように促しますと脚は締まり始めます。インナーマッスルが使えない場合外側のアウターマッスルを使ってしまい脚は大きく肥大化します。

指には贅肉が付かない。指は感覚が最も敏感な部位

 

指に贅肉が付いている人はほとんどいません。それは指は大変敏感な部位だからです。敏感な部位には贅肉も無駄な筋肉も付かないのです。脚も同じです。敏感な脚、鈍感でない脚は贅肉も無駄な筋肉も付かないのです。全身を鈍感ではなく敏感にしますと無駄な贅肉や筋肉は無くなります。敏感にするとは全ての筋肉を有機的に使える身体です。

先ずは全身の癒着を剥がす。動きの制限を無くす

 

当院では先ずは全身の癒着を剥がします。全身の癒着を剥がすことで動きの制限が無くなっていきます。筋肉と骨、筋肉と脂肪、脂肪と皮膚の癒着は身体に制限を作ります。制限されれば全く使えない筋肉が生まれます。全く使えていない筋肉は感覚を失いそこには脂肪が付きやすくなるのです。全身の癒着という癒着を剥がし動きの制限を無くすことであらゆる筋肉が活性化しそこにある無駄な筋肉を無くしていきます。

 

※山下裕幸美脚整体院の下半身太り改善