脚の力コブを取り続けると体幹が形成される

脚に不自然な力コブがあるということは身体の中心(体幹)ではなく末端(脚)に力が入ってしまっている状態です。ですから歩けば歩くほどに末端(脚)が大きくなっていきます。ところがこの力コブ(脚)を取り続けますと逆に中心(体幹)が大きくなっていきます。体幹が強く逞しくなっていきます。

 

歩く量が少ないから脚が太るのではない

多くの方は勘違いしています。歩く量が少ないから脚が太っていると。これは全く逆で脚に不自然な力コブを作った状態で歩くからこそ脚が太くなります。正しい場所に筋肉を付けて歩けば脚は細くなっていきます。正しい場所とは脚の内側と体幹です。

 

脚内側と体幹に筋肉を作るには先ずは不自然な不自然な力コブを落とす

脚外側に形成された不自然な力コブを解決しないでただ脚を鍛えても脚は細くなりません。先ずは不自然な力コブを落とす、それによって使う筋肉を外側から内側に移行させその上で内側を使って歩きますと脚は細くなっていきます。

間違った使い方をしているからこそ脚は太くなる

ではなぜ間違った場所に間違った力コブができてしまうのか?それはメンテナンス不足からです。例えば急遽、富士山に登れば脚は筋肉痛を起こすはずです。この時帰宅してからストレッチやマッサージを一切しなければ身体は硬直し機能を落とします。この硬直し機能が落ちた状態で無理やり歩き続けますと脚は外側を使って歩き始めます。中心が固くなるため外側に大きな筋肉を作り歩き始めます。固い筋肉は中心が機能しないため外に外に大きくなっていきます。

 

※当院の下半身痩せ・脚痩せ整体メニュー