脊柱管狭窄症について考える

脚に痺れが出たり、脚の感覚がなくなったりします、脊柱管狭窄症は背骨が曲がり脊柱管が狭くなることでそこを通る神経を圧迫しておこります。

脊柱管狭窄症は背骨の角度の問題であり、実はこの角度の問題を起こしているのは骨盤、そして骨盤を取り巻く筋肉に問題があります。

脚の筋肉の狂いが骨盤を狂わせ、その上にある背骨を狂わせる

脊柱管狭窄症、ヘルニア、すべり症など背骨に関する症状は多々ありますがこれらの症状は骨盤の角度の狂いが起こします。

そしてその骨盤の狂いは骨盤を取り巻く筋肉、そして脚の筋肉に原因はあります。

 

脚が狂えば骨盤は狂う

脚の筋肉が外に張り出しパンパンになりますと、そこで支えられる骨盤の角度が狂います。骨盤はさらに固まり岩のようになります。結果としてその上にあります背骨は圧迫されてきます。圧迫が持続的に続くことでヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症などが起きます。

 

先ずは脚の緊張を取り除き正しく立てる身体に

脚の偏った緊張を取り除くことで骨盤は解放されていきます。さらに脚内側の筋力強化を行うことで中心で立つ身体にシフト。骨盤を正しい位置でキープ出来ます。

骨盤に柔軟性が戻ることで背骨の角度、圧迫が解放され背骨の異常が解消されていきます。