現代人は栄養不足です。栄養不足の人が腹八分目にすれば逆に太る

 

現代人は細胞レベルでは栄養不足、栄養失調です。栄養不足、栄養失調になると人は代謝を落とし脂肪をため込もうとしますから太ります。アメリカ人には肥満の方が多いですがあれは細胞レベルでは栄養不足、栄養失調なのです。栄養に問題を抱えている人が腹八分目で止めることは難しいことです。身体は栄養不足を解決しなければ危険な状態ですから質を量でカバーしようと食べ続けます。腹八分目で抑えれば身体は飢餓の感覚を増しさらに体脂肪を増やそうとします。

リアルフード、ライブフードを食べれば分かる、簡単にお腹が一杯になる

 

栄養素がスカスカの精製加工食品、エンプティフード、エンプティカロリーを食べていれば栄養が満たされませんから食が止まらなくなります。胃が張り裂けそなほど食べてしまいます。ところが生のフルーツ、素材を生かした魚や、野菜、チーズやヨーグルト、玄米などを食べると分かります。そんなに多くを食べれないのです。取れたての野菜などすぐにお腹が一杯になってしまいます。

腹八分目を意識する前にすぐにお腹一杯になります。

腹八分目を目指すのではなく、質を求め量を減らす。

 

どのぐらいでお腹が満足するかは心身の栄養状態が影響しますし、食材の栄養状態も大きく影響します。健康に最も適した規定量というものは存在せず、体調と食材の質がにより変動します。

ですから食材は質にこだわれば量は必ず減ります。栄養価が高いレベルでバランスが取れ、食物繊維、脂質、タンパク質、糖分、ビタミン、ミネラルを含んでいれば身体は量をむさぼることを辞めます。

腹八分目に我慢することで痩せようとするのではなく、質を求め少量でもお腹が一杯になるような食事に切り替えることで痩せることができます。