腹圧って何?

 

腹圧とは腹部を深層筋で締める力、圧力です。
上は横隔膜、横は腹横筋、下は骨盤底筋群でお腹を囲っています。
この筋肉の連動で腹圧を維持し姿勢を保っています。腹圧が下がれば身体はだらしなくなりお腹は出ますし、脊柱も維持できなくなります。腰痛の原因にもなります。ビール腹とはこの腹圧が下がっている状態です。

 

腹圧が上がると食事量が減る訳

 

この腹圧、深層筋、コアマッスル、体幹筋である、これらの筋肉を鍛えていきますと高まります。
上下左右からお腹を圧迫するからです。

そうなりますと内臓を取り巻くスペースが圧倒的に狭くなります。
結果的に食事を食べれなくなっていきます。暴飲暴食が出来ない。

食べてもすぐにお腹が一杯になってしまうのです。ダイエットを目指す方、美脚を目指す方には朗報です。自分自身で無理して我慢しなくていいのです。

食べたくても”食べれなく”なるのです。

 

食事量が減り、基礎代謝が増えれば必ず痩せる

 

腹圧を高めるためには体幹、コアマッスルの強化が必須です。
体幹を鍛えますと基礎代謝が上がります。このことも痩せやすい体に導きやすくなります。

基礎代謝が上がり、食事量も減るわけですから、身体は痩せます。
さらに体幹中心の身体構造は、脚の筋肉の負担を軽減し脚が痩せます。美脚になっていきます。

 

食事量が圧倒的に減り、食事の回数が増える

 

体幹を高め、腹圧を高めていきますと、内臓が圧迫され食事量が減ります。
ですからすぐに胃腸が空っぽになります。

そのため空腹を感じるスパンは短くなります。一日に4回、5回と食べたくなるかもしれません。それでは意味がないと感じるかもしれませんが、それでも痩せます。
なぜならそれでも食事量は減るからです。こればかりは体感して頂く以外に理解は難しいかもしれません。

 

<関連ページ>

コアマッスルとは?

プチ断食はダイエットに有効