汗をかける身体にすることはダイエットの基本

 

汗が出ない身体は代謝が下がります。汗は車でいうところの冷却水です。
エンジンを冷やす役目をします。

この汗が出にくい身体は燃えても冷却が出来ないので燃えない身体になっていきます。

身体の代謝は徐々に下がっていきます。

 

なぜ汗がかけない身体になるのか

 

現代は冷房が当たり前の時代です。夏でも冷えた環境にいて汗腺が閉じてしまっています。
全身身体を動かして身体の中から熱を作りださないと汗腺が閉じてしまいます。

特に筋肉と、脂肪、骨などが癒着してしった身体は筋肉が動きを制限され熱が発生しません。

汗がかける身体は熱をより発生できプラスのスパイラルに

 

身体中の筋肉を活性化し熱を生みだす身体にシフトしていきますと、汗が出ています。そしてその汗が身体を冷やすことで益々熱を生みだすことが出来るようになるのです。

ですから代謝は常に上がった状態を維持できます。

汗がかけない身体は正反対に、熱を発散することが出来ません。そのため代謝を下げなくては危険な状態になります。
なぜならば身体の熱が逃げてくれないので逆上せた状態に。

これは脳みそにとって危険な状態です。

 

汗は足からかけなくなっていく

 

脳から遠い部分から汗はかけなくなっていきます。ということはつまり足が最も汗をかけない部分です。
脚に汗をかける身体はかなりレベルの高い身体といっても良いでしょう。

整体施術で徹底的に全身の癒着を剥がし、ストレッチで正しい筋肉を鍛え直すことで足を含めた身体中から汗をかける身体にし、代謝の上がった状態を目指します。

全身から汗がかけることは、ダイエット、脚やせ美脚作りの基本になります。

 

※当院の美脚整体メニュー