足首を固める靴を履くと足裏の筋肉を使って歩けない。

 

足首を固める靴、ブーツや、ヒールを履きますと足裏の筋肉を歩行に参加できなくなります。物理的に足裏の筋肉抜きで歩行を行うことになります。その結果、ふくらはぎ、太腿の負担が増え脚は太くなっていきます。

 

特にふくらはぎの負担は増える

 

足首を固めますと、足裏の筋肉の代わりを主にふくらはぎで行うようになります。
その結果ふくらはぎは疲労が溜まり固くなっていきます。疲労が溜まり固くなることでふくらはぎは冷えその結果皮下脂肪が付きます。

ヒールやブーツを<歩く日常>に使ってはいけない

 

ヒールやブーツなどはファッション性を重視して作られています。ですので長距離歩いたりする日常のルーティーンに使ってはいけません。脚は太くなっていきます。特に脚やせ、美脚に取り組んでいる期間はなるべくスニーカーにするべきです。
ヒールやブーツなどはシーンに合わせて使い分ける必要があります。

 

スニーカーは歩くことを最優先に考えられている。

 

スニーカーは歩くことを最優先に考えられています。アスファルトという固い足元を歩く脚はかなりの重圧を強いられますが、その圧をクッション性の高いスニーカーは逃がしてくれます。

足首、膝、股関節、そして骨盤は固い靴、足首を固める靴で歩くことで負担を強いられます。負担が増えれば関節は金属疲労を起こしていきます。軟骨がすり減ります。軟骨がすり減った関節は動きが小さくなり、結果筋肉が衰え足太りに繋がります。