踵外側が硬くなるのは外側重心ゆえ

多くの方は踵外側の皮が硬くなっています。これは体が内側重心ではなく外側重心になっているからです。外側重心の状態のままで日常生活を続けていますとやがて踵外側の皮が硬くなっていきます。そしてやがてタコのように硬くなります。

 

内側重心になるとこのタコが柔らかくなりやがて消滅する

当院では脚の悩みの一つ足裏のタコを体のバランスを変えることで消滅させていきます。外側重心の方は脚外側の筋肉に力をいれて歩く方の特徴ですがほとんどの方はこの状態です。脚外側にグッと力を入れて立っていて、足内側にはほとんど力を入れていません。また太もも前側に力が入り、太もも裏側には力が入っていません。施術でこの内外バランスを逆転させます。

 

内外バランスを逆転する

内外バランスを逆転させますと脚の内側にグッと力が入り外側の力が抜けてリラックスします。徐々に脚外側の筋肉が柔らかくグニャグニャになっていきます。そしてその部位の筋肉が落ちていきます。やがて脚は細くなります。このプロセスを通じてやがて足裏のタコがなくなっていくのです。

 

前後バランスを逆転する

前後バランスも変えなくてはいけません。多くの方は前に重心が7乗っています。後ろに重心が3乗っています。7:3で前に力が入っているのです。このバランスを全く反対の3:7に切り替えるのです。この状態をキープできるようになりますと足の無駄な筋肉の緊張がなくなり脚は細くなっていきます。本来あるべき場所に筋肉が形成されそこにある脂肪がなくなります。