カロリーではなく間違った栄養素が脂肪になる

 

間違った栄養素、余剰栄養素は胃、腸、腎臓、肝臓を通って体外に排出されます。その際、なんらかの影響でこの余剰エネルギーを胃腸、肝臓、腎臓で排出しきれなくなった場合、身体はこの余剰栄養素をお腹周りに蓄積します。

間違ったエネルギーとは吸収しにくいエネルギー栄養素、つまり加工食品

 

体にとって何が正解の食べ物で、何が間違った食べ物なのか?それは吸収しにくい栄養素は間違った食べ物であり吸収しやすい食べ物が正解の食べ物なのです。
吸収しにくい食べ物は内臓に多大なる負担を強いるだけでなく排泄が間に合わなくなれば脂肪として蓄積されます。正解の食べ物は消化吸収がスムーズなだけでなく排泄も容易なため余れば排出されるわけです。

子羊を見ても涎が出ないのはなぜ?

 

生きている子羊や、子豚、牛などを見かけて涎が出る人はいないでしょう。それは本来人間は生のお肉にそこまで興味がないのです。香辛料やハーブなどをふんだんにふりかけることで美味しくなるのであって元々はそこまで興味がない。あくまで代替食材なのです。
ところがフルーツは見るだけで涎がでてきます。ありのままで好きなのです。

代替食品ばかりを食べれば排泄が間に合わず脂肪になる

 

消化吸収排泄に時間のかかる代替食材は排泄が間に合わなければ脂肪としてお腹周りに付きます。生で食べることが出来る食材以外は代替食品ですからその点を理解すれば太ることはありません。出来る限り生の素材に近い形で食べ物を摂取することで消化吸収排泄の流れをスムーズにしお腹周りの脂肪を増やさないことが出来るのです。