60兆個の細胞が46種類の栄養素を常に求めている

 

身体は46種類の栄養素がくさび状になって身体を健康に保っています。どれか一つが欠けても身体は飢餓状態になり食べ物を求めます。この時に加工食品など死んだ食べ物を摂取しますと栄養素に偏りがあるためまた違う種類の加工食品を求めることになります。

植物の生長は一番少ない養分に左右されるという「リービッヒの最少律」があります。46種類の栄養素の中である一つの栄養素が足りないというだけで植物の栄養状態はそこが域値となるという考えです。ですから何か一つ足りないだけで身体は食べ物を求めるわけです。ジャンクフードに走る方がブクブク太りながらも食べ物を食べ続ける理由がここにあります。

 

46種類の栄養素が必要だからこそリアルフード、ライブフードは絶対必要

 

46種類の栄養素をコンスタントに摂取するためにはどうしたら良いのでしょうか。簡単です。本当に簡単なこと。それは同じく46種類の栄養素でできたありのままの食材(フルーツや野菜、ナッツ、良質なタンパク質、全粒穀物)を摂取すれば良いのです。特にフルーツや野菜は火を使うなどの加工が必要無いですから確実に46種類を得やすくなります。

逆に言えば46種類の栄養素をファーストフード、ジャンクフードで摂取出来るわけがないのです。

 

46種類の栄養素を摂ることを念頭に食事を摂ると人生が変わる

 

リバウンドしないダイエットはこの46種類の栄養素をしっかりと摂取することが必要条件であり逆にこの46種類の栄養素を取ろうとすれば最低限の食事量はかなり上がります。ですがこの最低限度の食事の底上げが心身の栄養を高いレベルで維持し、安易な食事制限ダイエットがいかに稚拙で無意味かが身体レベルではっきり分かります。

 

植物性タンパク質のみでは難しい

 

46種類の栄養素を確実に摂取することを考えますと、何か一つのツールで全てを補うのは難しいことも分かります。例えば穀物抜き、お肉抜き、フルーツ抜き、野菜抜き、等  安易な食事制限ダイエットで単品ダイエットを行いますと多くの場合リバウンドするのは46種類の栄養素に大きな欠乏要素を生みだし身体はバランスを崩すからです。