小顔作りの基本は音が異なる場所を見つけかえる

小顔作りの基本は頭部において固い場所を壊すことです。固い場所を壊すことで頭が動きを取り戻し顔は小さくなります。小顔効果がでると集中力が増すのは頭がギュッと集まらなければ集中力は湧かないようにできているからです。ですから小顔効果があるか否かは集中力がでてくるか否かでも判断できます。さらに固い場所は押すと音が違うのでここを音が変わるまで施術します。

 

ハチ巻をするのは集中力を増すため

なぜ勝負ところや受験勉強などで鉢巻を巻いてやるのかと言えば集中力を増すためです。頭蓋骨は締めあげると集中力が増します。ところが頭蓋骨、筋膜、筋肉、頭皮が固まりますとこの動きが制限され頭が小さくなりません。これが小顔効果の邪魔をします。

昼間は鉢巻をしたような状態の小顔を作る

昼間は鉢巻をしたような小顔状態を作ることが施術の最終目標です。金状態を作るためには夜間に最大限頭がリラックスするような状態を作る必要があります。この状態を作ることが出来れば昼間は顔、頭が最大限引きしまり小顔になるのです。