ダイエット、美脚作りに食べ過ぎはマイナスだが

ダイエット、美脚作りにおいて食べすぎはマイナスになりますが、頭脳労働の人は食べることで使いすぎた頭、頭蓋骨を緩めようとする特徴があります。頭脳労働などで頭を過度に使いますと、頭は硬直します。この硬直状態では交感神経優位になり、疲れが取れにくくなってしまうので、食べることで無理やり副交感神経優位にもっていき、体の疲れを取れやすい状態に切り替えるのです。その際に頭の緊張が強ければ強いほどに、量を食べてよりゆるもうとする作用がおきます。

 

直接施術で頭、頭蓋骨の緊張を取り除くことでこの食べ過ぎを防ぐ

当院では頭の緊張、頭蓋骨の緊張を小顔矯正の際に取り除いていきますが、これは実は食べ過ぎ予防にも繋がるのです。頭が自然と弛む状態にもっていけば、食べて弛まそうとする体の作用が引き起こされなくなり、結果無駄な食事量を削減することが出来るのです。ストレス食いを未然に防ぐことが出来るようになるのです。

 

使いすぎの部位が固まるのはスポーツマンもビジネスマンも同じ

使いすぎの部位が固まるのは、スポーツマンもビジネスマンも同じことです。サッカー選手は足に多大な負担がかかるため、放っておけば脚は徐々に硬くなっていきます。ビジネスマン、頭脳労働者の方も、放っておけば頭が固くなり、硬くなった頭を緩めるために過度に食べるということを繰り返します。頭蓋骨、頭の緊張を定期的に取り除くことで、食べ過ぎのメカニズムを遮断することができます。