セロトニンの分泌量が少ないと満腹中枢に狂いが、、、

 

幸福物質セロトニンの分泌量が少なくなりますと満腹中枢に狂いが生まれ食べ過ぎるという結果になります。食べても食べても満腹中枢が働かず過食に走ることになるのです。

セロトニンの分泌は過食を防ぐ上で大変重要です。

 

なぜセロトニンが減少するのか?

 

セロトニンの減少に大きく関わるのがストレスです。長期間人体がストレスにさらされますと抗ストレスホルモン・コルチゾ―ルの分泌量が増えます。このホルモンは人体が命の危機にさらされていると認識されると分泌されます。このホルモンが分泌されますと反比例的にセロトニンの分泌量は下がります。それは当然の話で人体が命の危機に瀕している状態で幸福ホルモンは出ません。と同時に食欲を抑えるレプチンというホルモンの働きが鈍り食に走るようになるのです。命の危機ですから当然です。さらにインスリンを多く分泌され脂肪蓄積能力をアップします。

 

やけ食い、やけ酒がさらにセロトニン分泌量を下げる

 

長期ストレスさらされ期、身体は抗ストレスホルモン<コルチゾ―ル>を分泌し身体に脂肪を貯蓄させ、さらに食欲を上げていきます。食べても食べてもお腹が空く状態をホルモンで作りだします。そのホルモンに従ってジャンクフードや加工食品に走りますと大変です。それらの物質は血糖値を一気に上げる物ばかり。血糖値が一気に上がればセロトニンは急激にでますが、その後起こる血糖値の急降下で一気にセロトニン分泌は下がります。その結果ますます脂肪は蓄積されかつ幸福感は下がっていきます。

ストレスの発散をやけ食い、やけ酒に頼らないような準備を

ストレスを避けることはできません。超ストレス社会に生まれてきてしまった現代人にとってストレスを無くすことは不可能です。ですからストレスから逃げるという発想ではなく、ストレスを感じてもセロトニンが減少しなくなるような準備が必要です。

そこで重要なのが血糖値の安定、リアルフード、ライブフード、発酵食品、オメガ3脂肪酸を積極的に食べ加工食品の絶対割合を低くする必要があるのです。ストレスからジャンクフード、フェイクフードという流れの前に、リアルフード、ライブフードを挟み血糖値の乱高下から身体を守る必要があります。