食べると太り、食べないと痩せるという体は駄目

昨晩食べたから太ったという体は駄目な体です。一昨日のラーメンで体が太ったという体は未完成な体です。施術を通して体を作り変えていきますと食べても太らない体になります。これは体の歪みを無くし、中心に軸を作り、体幹を形成することで代謝を常に高い状態でキープ、それにより食べても太らない体になるのです。逆に歪んで体幹に力が入らず中心に軸がない体は代謝が落ち食べればすぐに太る体になるのです。

 

食事の量と体型がリンクしているようでは駄目

痩せ体質、脂肪燃焼モードの体は食事の量を一切気にしません。食事は食べたいだけ食べたいタイミングで食べるもの。無理して多くを食べることはせず、かつ無理して食事を制限する必要もありません。体調、休日。仕事量あらゆる要素で体に必要な栄養量は変化しますから体の欲求に従って決めるのみです。痩せ体質、脂肪燃焼モードの体の人が気にするのは体の筋肉量です。必要な場所に必要な筋肉があるか否かそこは締まった体を維持するために大変重要です。痩せ体質の人は食事量は気にしません。食事の質を気にします。そして筋肉の量を最も気にします。

 

誤った場所についた誤った筋肉を取り除くだけで先ずは痩せていく

体は誤った箇所についた誤った筋肉を柔らかくするだけで先ずは痩せていきます。末端についてしまった筋肉を弛めるだけで体幹、中心線に力が入るようになり内蔵を中心とした筋肉群が活性化していきます。それにより内臓下垂が改善され自動的に食事量が体の意志でコントロール出来るようになるのです。これはメディアでもあまり知られていない裏技です。体幹に力が入るようになりますと食事量がコントロールされるだけでなく体幹に付着する内臓脂肪も自動的に燃えていきます。

 

脚、腕などの末端ほど柔らかくし体幹を強く逞しくしていく

当院の施術では末端を徹底的に柔らかくしていきます。末端である脚、腕の筋肉を柔らかくすることで無駄な力みがなくなり細くなります。変わりに力、意識が中心である体幹に集中しそこから鞭のように使う体にシフトします。脚や腕は鞭ですから鞭に無用な筋肉はいらないのです。そして鞭を使いこなす体幹は常に逞しく美しく締まるようになるのです。これが正しい痩せ方、美脚作りの大原則です。