消化の早い物から口に入れる

消化の早い物から口に入れることで消化吸収をスムーズにし痩せ体質に切り替えることが出来ます。消化吸収に無駄な時間がかかりますと先ず消化酵素を多用します。さらに消化吸収が遅いと、体内で摂取した食事が腐敗しやすくなるのです。スムーズに消化吸収することで無駄なエネルギー血液、酵素の多用を避け、速やかに代謝に切り替えることが出来ます。

フルーツ、野菜、豆類、穀物類、魚介類、鳥肉、豚肉、牛肉の順で

 

消化しやすい食材を先に口に入れることで消化吸収をスムーズにすることが出来ます。液体、生物、調理した順です。

例えば食後のデザートとしてフルーツを食べれば、、そのフルーツは食事の消化が終わるまで放置されます。フルーツは酸化します。毒にもなるのです。

よりよく噛むことで消化吸収を助ける

 

食べる順番を変えるだけでも痩せますが、食事をしっかりと噛むことでも痩せやすくなります。しっかりと噛まれていない咀嚼されていない食材は胃の中で身体は消化吸収出来るように頑張ります。その頑張りとは消化酵素の多量分泌と、胃の運動です。これらの活動に相当量のエネルギーが無駄に使われてしまうのです。結果さらにお腹が空くだけでなく、代謝にエネルギーを回せなくなるのです。

 

正しい順番と正しい噛み方で無駄な酵素使用を抑える

 

食事の度に大量の消化酵素を使うことは大変勿体ないことです。量に限りのある酵素を大量に消費すれば、代謝に酵素を使えなくなりつまり燃えにくい身体になってしまうのです。

食べ方を痩せる食べ方に切り替えて毎食ごとに痩せ体質に切り替えます。

 

 

※当院のセルライト解消整体メニュー