出すべきエネルギーを出しきらないと疲れる

 

人間は出すべきエネルギーを出しきらないと疲れます。消費すべきエネルギーが消費されないと身体は疲れるのです。何もしないのに疲れる、ただ座っているだけなのに疲れる、食べただけで疲れる、、、これらは消費されていない残留エネルギーで身体が疲弊しています。エネルギーを出し切って疲れることと、出すべきエネルギーを出し切っていないゆえに疲れるという二つのパターンがあり、現代人は出し切っていないで疲れるというパターンが圧倒的に多いのが現状です。

 

整体で今まで使っていなかった筋肉を刺激することで身体は圧倒的に楽になる

 

同じ生活パターンを繰り返しますと人は使う筋肉が限定され、また関節や筋肉、筋膜が固まることでさらに使う筋肉に制限が起こります。これらの原因で消費エネルギーは益々少なくなっていきます。消費エネルギーが減少しているにも関わらず食事の量が減らない場合、残りのエネルギーは残留エネルギーとして残るのです。この残留エネルギーが身体を疲れさせます。当院の整体施術では普段全く使っていない未使用の筋肉を活性化し関節の動きを取り戻すことで消費エネルギー量の底上げをします。
その結果残留エネルギーの量を減らすことができ身体は楽になるのです。

食事を機械的に食べると残留エネルギーが増える

 

時間が来たから機会的に食事を摂る生活を続けていきますと残留エネルギーが増えていきます。本来食欲が湧いていないにも関わらず食事を機械的に食べますとそのエネルギーを消費することが出来ず残留エネルギーになるのです。

時間が来たから食べるのではなくお腹が空いたから食べるという生活に切り替えることで残留エネルギーを減らすことが出来るのです。

食事がストレス発散になっている多くの方は動く身体に切り替えることが得策

 

とはいえ食事はストレス発散に大いに関係します。美味しい食事を食べることで気分は切り替わりますし食事を通じてコミュニケーションをとるのが現代人です。食事の役割は多岐に渡ります。ですから食事をストレス発散と割り切りその分運動やエクササイズをする方が現代生活に合っているのも確かです。

当院では身体の歪みや関節の癒着、筋肉の癒着、筋肉そのもののコリからくる使用筋肉の制限を手技やストレッチで取り除き簡単な運動でも消費エネルギーを上げていくサポートを致します。使用筋肉を増やすことで残留エネルギーを減らし身体を楽にします。

残留エネルギーは最終的に脂肪になります。残留エネルギーを減らすことが美脚への第一歩です。