ダイエットのための食事制限ではなく、胃腸を休めるプチ断食は美脚に有効

 

無理な食事制限はエネルギー不足を起こし筋肉が溶け代謝が落ちて痩せにくい身体になります。しかし胃腸を休めるためのプチ断食は胃腸が超回復することで消化吸収力、排泄力が高まりダイエットに有効です。

 

胃腸を休めることが目的だから固形物以外は我慢しないで摂取する。

 

エネルギーを絶つことが目的ではなく、胃腸を休めることが重要なので固形物以外は積極的に摂取します。過度な空腹感は飢餓状態と同じで食事を再開すると身体はエネルギーを貯め込もうとします。

ですので固形物以外は積極的に摂取して空腹感を感じないないようにします。そうすることで無理せず胃腸を休ませることが出来ます。

 

胃腸の消化吸収力を高めることで少量で満足できる身体に。

 

消化吸収力が高まりますと太りやすくなるイメージがありますが実態は全く逆です。少量の食事量で充分栄養を摂取することができるようになるため胃腸に負担をかけないで食事が出来ます。結果的に吸収や排泄にエネルギーを費やさなくても良いため体調が安定します。

 

消化吸収にはとてつもないエネルギーを費やしている。

 

暴飲暴食は肥満に繋がります。小食はダイエットに繋がります。
暴飲暴食は消化吸収に多大なエネルギーを使います。胃腸がクタクタに疲れます。疲れた胃腸は消化吸収力が落ちるので、益々食事量が増えるという悪循環に陥ります。
そして消化吸収できなかったエネルギーは脂肪細胞に取り込まれ肥満体形に繋がります。

胃腸を休ませるプチ断食は長期的なダイエット方法として有効です。