骨と筋肉が癒着する?

 

骨と筋肉は何もしていないと癒着します。脂肪と筋肉が癒着して代謝が落ちるように筋肉と骨も癒着します。癒着とは接している別組織、本来別々の組織がくっついてしまうことです。手術後の内臓もしかりですが、身体において癒着は普通に起こることです。
老人がなぜ老人のような体型、動きなのかと言いますと、ほぼほぼ全身の組織が癒着しているからです。ですので老人の動きは直線的なのです。もう柔軟な動きが出来ないのです。組織が癒着しているので。

 

癒着すれば短くなる

 

筋肉と骨が癒着すれば筋肉は短くなりますから、身体も縮こまります。ちょうど全身にワイヤーを付けているような状態です。

 

代謝が落ち太りやすくなる

 

骨と筋肉が癒着しますと、活動できる筋肉は減少します。そのため基礎代謝が落ちます。筋肉による代謝が落ちます。
すると食事による摂取エネルギーを消費できなくなるというサイクルに入ります。
そのため太ります。消費出来ない分は脂肪として身体に蓄積されるのです。
そしてこの脂肪がまた筋肉と癒着しましてさらに身動きのとれない身体になっていきます。

 

癒着を解消すると代謝が上がり痩せていく

 

ですので、骨と筋肉の癒着を手技で、もしくはストレッチで解消しますと筋肉が自由になり代謝が上がっていきます。自然に体が熱くなっていきます。
過食をしても基礎代謝が高ければ太りません。

美脚を目指す上で重要なこと。太い脚は一見たくましく筋肉質のように見えますが筋肉が骨と癒着していますと活動している筋肉は減りますので、筋力はありません。そのため余分な筋肉、多くの場合前太もも、外太ももが代替的に発達していきます。

さらに衰退した筋肉は基礎代謝が落ちますから、脂肪が付きます。そしてこの脂肪と癒着してさらに燃えにくい身体になっていきます。

 

<関連ページ>

※骨格筋率30パーセントの魔法