骨盤矯正だけで下半身太りを解消しようとすれば失敗する

骨盤は重要です。骨盤周囲の筋肉を弛緩し骨盤の動きをクリアーにすることは大切なことです。ですが骨盤だけで全てを解決しようとすると失敗します。骨盤はあくまで下部構造の上位に位置し最下層にある足の影響をダイレクトに受けるため骨盤は脚の影響でどこまでも倒れ傾き不具合を生じます。ですから脚やせを骨盤矯正だけで完結することは不可能なのです。

 

ただし骨盤周囲の筋肉を徹底的に弛緩し過度な緊張を取ることは必須

骨盤周囲の筋肉を弛緩し過度な筋肉の緊張を取り除くことは大変重要なことです。特に座りっぱなしの人はお尻の筋肉、臀部が固まっていますからそこで歪みの基礎ができてしまっています。ですからお尻を中心とした筋肉群をリセットしそこから派生する問題は解決しなくてはなりません。

 

7割は脚そのもので脚やせは決まる

骨盤矯正、骨盤のリセットの重要性は脚そのものの施術に比べれば2割程度であると考えます。脚には脚独自の癖があり脚は体の全体重を支えているため一度癖がつくとなかなか自然にはその癖は解消されません。朝起きて立ち上がった時から人はその癖を使って歩行を始めます。

 

骨盤の中を通る腸腰筋が使えるように体をもっていく

脚の施術を行っていきますと脚の筋肉の使い方が正しくなってくるため骨盤の中を通る腸腰筋を体が使えるようになってきます。腸腰筋は背骨を利用して脚を引っ張り挙げる筋肉でありこの筋肉を使えるようになりますと脚の筋肉の負担が減るのです。中心、コアが脚を利用して歩くような形になるのです。