魚類の動きを歩行に取り入れる

 

魚は泳ぐとき中心からうねるように身体を動かし泳ぎます。このうねるという動き、中心、背骨からうねるように水に力を伝え泳ぐ動き、中心からスムーズに力を伝えるこの動きを人間にも応用します。
背骨から脚をムチのようにうねらして身体を動かすことができれば全く無駄のない身体に変わります。多くの方は腰椎という腰の背骨と骨盤が一体化し一つの塊になってしまっています。これでは力を上手く伝達できません。

魚類のような動きを手に入れるには一つ一つの骨をバラバラにする

 

魚の動きを見れば分かりますが全身をくねらして泳ぎます。このくねらす動きのポイントは中心が動いているということです。人間でいえば骨盤から背骨にかけてです。この骨盤、背骨の一つ一つが自由に有機的に動くのならばこのうねらすという動きが可能になります。

現代人は座りっぱなしの生活で骨盤と腰椎が一体化している

 

お尻が大きくなる、くびれがない、、これらの状態は骨盤と腰椎が一体化、塊化している証拠です。骨盤周りの筋肉、お尻の筋肉、腰部の筋肉が固まり、癒着を起こし、最終的に骨も動きを失います。これによりうなるような動きは難しくなり塊として歩くことになるのです。

一つ一つの筋肉、骨を再び分化する

 

当院では歩行の際に重要な骨盤と腰椎の分離を施術を通じて行います。お尻の筋肉、骨盤周りの筋肉、腰椎を取り巻く筋肉をほぐし動きを取り戻していきます。背骨を中心に力を脚に伝えれる身体を作ります。中心から末端に、体幹から末端に無駄なく力を伝達できる体を目指すことで無駄な筋肉、無駄な脂肪のない身体を作ります。