O脚、X脚の人は膝の痛みに注意

 

O脚、X脚の人は膝の痛みに注意しなければなりません。なぜならばO脚、X脚は膝に負担がかかるからです。脚の歪みの負担が最も響くのが膝です。ですのでO脚・X脚の自覚がある方は膝の痛みに注意しなくてはならないのです。

O脚・X脚は脚内側の筋力の衰えが引き起こす

 

O脚・X脚に共通することは脚内側の筋力の衰えです。脚内側の筋力の衰えを引き起こすのは脚外側の異常発達です。脚中心を使えないために脚外側が発達し筋力バランスが崩れ脚が歪み始めます。

脚外側の筋肉が張り出すと腰痛になる

 

膝の痛みがでる前に起きるのが腰痛です。脚内側の筋力が落ち、そして脚外側の筋力が異常発達することで骨盤周りが固定されます。その結果骨盤が固まりその上にある腰椎が故障し始めます。腰痛は外側中心の身体が引き起こす初期症状です。

腰痛を我慢し続けるとヘルニアに

 

その腰痛を我慢し続けるとヘルニアに発展します。腰椎が痛み始め最終的に組織が壊れるわけです。腰椎が過伸展するかもしくは骨盤の過度な方向きにより腰椎が圧迫されヘルニアを引き起こします。

当院ではO脚・X脚、それに付随する膝痛、腰痛を脚外側の過度な緊張を取り除き、脚内側の弱体化した筋肉を再強化することで解消します。