美脚、脚やせに特化した下北沢の整体院です。整体施術とストレッチを組み合わせたトータル美脚メソッドで骨盤矯正、O脚・X脚改善、下半身太り、むくみ解消を行います。

ふくらはぎ肥大

ふくらはぎ肥大解消は最も難しい症状の一つ

ふくらはぎ肥大は手技者にとって最も難しい症状の一つです。ふくらはぎに一度付いてしまった筋肉を落とすことはふくらはぎだけで解決できる問題ではなく身体全身のバランス(特に重心の位置)が大きな決めてになります。ふくらはぎ肥大は身体のバランスをとるために維持するために発達した必要悪(身体にとっては正)なのです。この部分をただ揉むだけ、マッサージして柔らかくするだけでは肥大は全く解決しないのです。
 
 

重心位置がつま先側になればなるほどふくらはぎは大きくなる

 
ふくらはぎが大きな方の特徴として一番大きな要素は前重心であるということです。身体が前に倒れてしまっています。そのため身体が前に倒れ過ぎないようふくらはぎで踏ん張っているのです。

例えばヒールを日常的に履く方は分かると思いますがヒールを履くと脚の筋肉が緊張します。足元が不安定なため姿勢を維持するために筋肉を緊張させる必要があるのです。この時最も緊張するのが太腿前の筋肉とふくらはぎです。ここを緊張させなくては身体が前に倒れてしまいます。

この緊張がある程度続きますとふくらはぎは肥大化します。


 

重心を後ろに戻しふくらはぎの負担を減らす

 
当院ではふくらはぎの肥大を解消するために身体の重心位置を変えていきます。肥大化してしまった前太ももの緊張やふくらはぎの緊張を取り除くだけでなく、弱体化した脚中心の筋肉をストレッチを負荷をかけ強化します。上半身も前に丸まっていますからこの状態を手技とストレッチでリリースします。立った時に明らかに後ろに重心がシフトした時、ふくらはぎの負担はなくなり筋肥大が解消されます。

何度も何度も筋肉の偏りをリセットし続けることで次第に後ろ重心が安定しふくらはぎ肥大は解消されてきます。
 
 

後ろ重心であればふくらはぎで踏ん張る必要なし

 
骨盤の前傾を改善し、後ろ重心にシフトしていきますとふくらはぎは頑張って踏ん張る必要がなくなっていきます。結果的にふくらはぎは痩せていきます。
 
 

外反母趾は前重心の典型的な症状

 
外反母趾は前重心の典型的な症状です。つまり外反母趾の方はふくらはぎが大きくなっているはずです。ふくらはぎの大きさと外反母趾の状態は比例します。

当院ではふくらはぎ肥大を解消するために太腿内側、裏側を鍛え直し、外側の無駄な筋肉を落としていきます。前重心から後ろ重心に戻すことでふくらはぎ肥大を解消します。

 

美脚整体300理論<ふくらはぎを細くする>

 

美脚整体100理論カテゴリー別

LINE からのご予約・お問い合わせ

調べたいワードを入れてください

PAGETOP
Copyright © 山下裕幸美脚整体院 下北沢 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.